2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017'08.21 (Mon)

サバゲノコギリ

別血統のWF1同士のアウトブリードは30~40頭羽化して全て♀💧

インブリの方は少なからず幼虫が採れ羽化してきたのですが





恐ろしいほど小さいです。笑

種親は64mmアップと大型だったのですがその面影すらありません笑


原因は掘り出している時に分かったのですがマットの乾燥と固く詰めすぎたのが原因かと思われます💧


これはこれで♀殺しの心配がないのですが



次世代はマットの状態に気をつけながらブリードします。
20:54  |  Prosopocoilus  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'08.20 (Sun)

レコードタイ?

F2のゲルツルードノコギリの♂達が徐々に羽化してきております。

写真はありませんが、64㍉、65㍉の大型♂が完品羽化してきてます


その中一頭羽化不全の個体がいて、何やら大きいなと思いノギスをかざしてみたら


羽化してからまだ日が浅いのですが、顎先から羽先まで67㍉ジャスト
現飼育レコードタイですね。
せめて完品羽化して欲しかったです…

幼虫時11.9gの個体です。


現在蛹の♂で幼虫時12.9gの個体がいるので期待してます!

野外品で69㍉の♂が過去に入ってきているので70㍉越すのも不可能ではないかと思います。
70㍉を越すには幼虫時に14~15g以上の体重が必要なのでしょうか?

今季はかなりの数を飼育するので、菌糸、マット数種類と色々試してみたいと思います。
17:53  |  Prosopocoilus  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2017'08.14 (Mon)

デキピエンスノコギリ



今季もノコギリの幼虫はマットメインでいきます。
少なからず菌糸も使う予定ではいますが、メーカーがまだ決まっておりません。

まずはデキピエンスノコギリをボトル投入。
その後はゲルツルード→国産ノコギリ等々…




ゲルツルードは残り2セットありますが、内1セットを先日割り出しました。
写真はWD♀持ち腹産卵です。

ちょっと少ないですが幼虫12の卵6個でした。

再セットは今の所予定はありません。
既にCBF1の子達で70頭は超えているので…


国産ノコギリは今季はトカラノコがメインで
諏訪之瀬島、臥蛇島の合わせて100頭超えそうな予感です…
01:21  |  Prosopocoilus  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'08.01 (Tue)

アスタコイデスノコギリ

ベトナム便が怒涛の入荷をしていて前からやりたかったアスタコイデスの亜種カルベイを購入しました。




左からカルベイ 原名亜種 ポルトン

亜種毎に特徴が違って見ていて面白いです。


我が家には現在原名亜種、カルベイ、ポルトン(インド、ミャンマー)、ミズヌマイ、ブランチャードの計5亜種のアスタコイデスがいてます。


幼虫飼育は温度管理とマットの水分量のミスで散々な結果でした💧
今季はカワラ菌糸も検討してます。


ブランチャードは撤退予定で、アスタコイデスは残りの4亜種で楽しみたいと思います。

02:17  |  Prosopocoilus  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'07.10 (Mon)

西カメン産 アスタコイデスノコギリ

去年の9月に西カメン産のアスタコイデスノコギリWD2♀を購入し、その子供達が羽化してきました。


原名亜種と表記されていたのですが羽化してきた子供達は原名亜種とは違う歯型で亜種ポルトンではないかと


49mm程の♂

歯型が明らかにポルトンです。


購入元に問い合わせてみた所、原名亜種ではなくポルトンで間違いの無いとの事。
アスタコイデスの亜種はポルトンが一番好きなので今回は嬉しい誤算?です!

西シアン産のポルトンノコギリは少ないながらも流通がありますが、西カメン産のポルトンノコギリは初ではないでしょうか(お隣県みたいな感じなので然程差はないと思いますが)



ついでにミャンマー便にてポルトンノコギリのWDが久々に入荷されていたので迷わず購入。


アスタコイデスは亜種それぞれで形や色が違い面白いかつカッコいいノコギリですがポルトンはズバ抜けてカッコいいと思ってます。

18:29  |  Prosopocoilus  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT