2015年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015'06.30 (Tue)

The first receipt

最初にまず言っておきます。今日の記事はいつも以上にウザったいです笑
ですが今回ばかりは優越感に浸らせてください....


今回ベトナム便にあるホソアカが遂に初入荷を遂げました。。。

The first receipt しかも今回なんと1ペアのみ!!!!!!
本来はドンミヤマを先に購入するつもりでしたがあまりにも希少すぎて興奮してしまいドンミヤマを再度取り置きしてもらいこのホソアカを購入しました(;^_^A

つまり現状このホソアカは私しか持っていない事になります。


2015063016013748a.jpg
一見スキュテラリス等に似ているが、実はこの♂ ギネスオーバーの♂とのことです
ギネスオーバー 初入荷 更には1ペアのみ 今後入荷されるかどうかと言われると、難しいみたいです。

20150630160139900.jpg

Cyclommatus strigiceps laoticus
ストリギケプスホソアカ
ベトナム北部 Yen Bai産 WILD


遂にベトナムホソアカと出会う事が出来ました。ストリギケプスホソアカです
ツヤホソアカは♂の同定が困難で、尚且つ研究段階がまだまだ進んでいないホソアカです。最近新種として発見されたカツラホソアカもいますね。今後もツヤホソアカの新種は見つかることでしょう

因みにこのストリギケプスホソアカ。Yen Bai産ですが標本として出回っている本種は殆どがサパので、このYen Bai産のストリギケプスホソアカは今回初めてとのことです(大図鑑のでも載っている本種の産地はサパです)
Yen Baiとサパは距離としてはそう離れてはいませんが、個体差とかはあるのでしょうか....
一応購入の際にドルクスグッズの店長と図鑑を見ながら確認しましたが♂はともかく、♀はストリギケプスホソアカの♀で合っているだろうと判断致しました

20150630160142871.jpg
こちらが♀ 特徴としては幅が比較的広くツヤが強いとのこと 模様もサパのストリギケプスと同じなのでほぼ間違いないと思われます

20150630160140125.jpg
オマケで貰った♂ ストリギケプスホソアカの♂は黒いラインがないのだが、この♂には黒いラインがありますね。
う〜ん、個体差だろうか?


20150630162225afd.jpg
いつものホソアカスタイルで。♀は爪の力も強く動きもとてもイイです。
ですが今回失敗したら二度と手に入らなくなるかも....そんなプレッシャーがドドッと私にww
とりあえず数は少なくてもいいので、産んで下さい。
因みに♀はソッコー潜っていきました。


ちょっと仕事で疲れてあっさり記事を書かせて頂きましたが、やはり新しいホソアカと出会う事はいつでも興奮してしまいますねぇ。ギネスオーバーの♂を手にした瞬間手が震えてしまいました(^_^)a
ストリギケプスホソアカが入荷された以上、カツラホソアカやタムダオホソアカも生き虫を見たいです!!
16:30  |  ホソアカクワガタ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.29 (Mon)

First Lucanus

ベトナム便という一大イベントが始まってはや一週間強
実はベトナムのホソアカ以外にもう一種 いや、もう一属増種しました


それはLucanus属 ミヤマです。
ベトナムといえばミヤマが人気ですね。多くのミヤマが生息しております。
更には最近知った事なのですがホソアカとミヤマは近縁種の様で、ホソアカからミヤマへと進していったとかなんだとか.....

そんなミヤマですが、近縁種と知ってしまった以上どうしても気になってしまい。
今回はちょっとあるミヤマを奮発して購入してしまいました(;^_^A
せっかく低温飼育ができる様になった訳ですし、元々やってみたかったクワガタ属なので丁度良い機会になりました

実はこっそりですが、来年はホソアカを筆頭に、今までやってみたかったミヤマやシカをサブメインにブリードしていこうと考えております
ノコギリとコクワは何となく満足感が出て来ました。コクワは赤ドンキとマクレイをブリードしてみたいですが、私にはまだ程遠い存在です....
ですので、来年までにそれなりに絞るつもりです


....前置きが長くなりました。

私のFirst Lucanus 初めてのミヤマはこの種となりました





201506291639133d6.jpg
ドンミヤマ
Lucanus dongi
ベトナム中部 ダナン産 WILD


初っ端からリスクの高すぎるミヤマです!!!!!!!
というわけでドンミヤマのブリードに挑戦します。
ドンミヤマは私的にミヤマの中で一番好きなミヤマです。名前はヤクザみたいな名前ですが実際に見てみると大顎の形がカッコいいしウサギの耳みたいなのが突き出てるし可愛いミヤマです

201506291639132a6.jpg
横から う〜んかっこいい♪
サイズは小ぶりですが74mmの個体を見せて貰ったら印象が更に変わりました。これは累代続けたいです

20150629163918512.jpg
正面から まるでシカクワを連想させる様な形


20150629163917fa0.jpg
♀ 爪の力も強いし反応もイイから状態はまちまち ただちょっと軽いのが心配


グッズの店員さんに 念の為ペアリングさせて下さい とのお言葉をいただいたいので昨日の夜早速同居させました。
ですが同居して早速♂が♀に攻撃!!!!♀も負けじと♂の足に噛み付きました!!!!!!
.....おいおい、♂も♀も非常に凶暴じゃんか...w
ここで♀殺しは起こしたくないので万全を尽くし♂の顎を縛る事に それでも♂は♀を攻撃する一方 大丈夫かなぁ....


と、思いつつ翌日の本日の朝 出勤時に様子を見たら

20150629163919d56.jpg
峠を越えた様です。良かった良かった


そして仕事から帰宅して早速セット

20150629164208c62.jpg
中ケースに、ヒラタ ノコ一番と黒土を混ぜたマットを敷き詰め、柔らかめの材を一本埋め込んでのセットです
グッズの店員さんがいつもやっているミヤマスタイルみたいで、今回はそれをそのまま真似しました。
水分量はやや多め。温度は20〜22℃
ドンミヤマは他のミヤマとは違い若干温度を掛けた方がイイみたいだが、果たして無事次世代は取れるのでしょうか
いや、産んでもらわないと、、、、、、、

ベトナムのホソアカは後日
16:42  |  ミヤマクワガタ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.27 (Sat)

Rush of a hatch

最近の記事を遡ってみたら殆どがホソアカ ノコギリ コクワ と偏ってしまってます
本日は短いですが久々のカブト記事です

以前に採卵したフローレンシスの卵が続々と孵化しておりました

20150627072112bc7.jpg
ルテン産 WF1
17頭孵化しておりました
毛がフサフサしているのか、マットがこびり付いて取り出す時に時折分からなくなることも...
幼虫は1頭も落ちることなく優秀です。WF1ということもあるでしょうか。

20150627072114a7d.jpg
孵化しそうな卵 幼虫の姿が透けて見えます

とりあえず小ケースやミニケースで多頭飼育して、それなりに成長したら個別飼育しようと考えております
大型個体はどの程度の迫力があるのか?これからの幼虫飼育が楽しみです
07:31  |  カブトムシ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.26 (Fri)

The past best

ルニフェルホソアカの二回目の割り出しを行いました

201506261146562f2.jpg
結果は15頭でした。
これで一回目のセットで27頭回収していたので、合計42頭となりました

んで、タイトルのThe past best 過去最高 ですが
実は今回ルニフェルホソアカで過去最高の1♀からの産卵数かつ初めての40頭オーバーとなりました(;^_^A
今まで30頭前後が限界でしたが、ちょっとだけセットスタイルを変えたのがイイ結果に結びついたのかはわかり兼ねますが、遂に40頭オーバーを達成できて嬉しく思います
まだまだセットに関してもブリードスキルに関してもヘッポコ同然ですが、ブリードスキルが上がったのだとポジティブに考えたいと思います笑

201506261146583ad.jpg
とりあえず5頭ずつ多頭飼育することにしました。

20150626114658107.jpg
★になった♂
♀はバラバラになっておりましたが♂はフセツ欠けが一箇所あるものの綺麗に落ちたので標本にしたいと思います。
♂♀共に本当に頑張って下さりました。沢山の子孫を残してくれてありがとう!!!!

幼虫飼育はマット 材 菌糸 この三種類の飼育方をやっていきたいと思います。
特大サイズを狙っていきますよ。



アラガールの二回目のセットもバッチリです
20150626114700065.jpg
フセツが全て取れてしまっている♀ですがさすがは繁殖力の高いホソアカです。写真とは別にもう一頭確認できました。一安心
もしかしたらルニフェルホソアカの産卵数を上回るかも....? 割り出しが非常に楽しみですね

そういえば、最近はアラガールの入荷が頻繁になってきましたね
思ったのは何故あんなに高いのか?ちょっと色々ツッコミ所が多すぎて語りたい事が山ほどありますがあえて伏せておきます。
アラガールなんて現地では普通に採れますからね わざわざ3万も出して買うと言われても私は買いません
なんせ既に野外品を予約しているので(;^_^A
こちらはまだまだ掛かりそうなのでしばらくこの話はおあずけ。
12:01  |  ホソアカクワガタ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2015'06.25 (Thu)

Three kinds of set

つい最近の事ですが、WDのズベール、パハン、スキュテラリスB血統のセットを組みました
パハンとスキュテラリスは二回目となります

2015062513100584e.jpg
ズベールホソアカのセット

201506251310071fd.jpg
こちらがスキュテラリスとパハンのセット

201506251310081f0.jpg
パハンホソアカ ♀

20150625131009ee0.jpg
スキュテラリスホソアカ ♀

三種の♀は事前に同居しており、セット投入後すぐに潜って行ったので期待します
今回マットはAPOではなく購入した無添加の一次発酵マットです
この一次発酵マット、かなり良さげです。試しにと購入しましたが今度こそ期待できそうなマットです

どの種も30〜40は欲しい所です

20150625131011082.jpg
材はこんな感じの柔らかい材を使用してます。
力を入れなくても普通にスプーンが刺さります。このぐらい柔らかい材だとホソアカは齧りまくります。個体にもよりますが

いつものセットスタイルですが、まだまだ改善しなければいけない事が沢山あります
それなりに余裕ができたら、中ケースも使用してみるつもりです
13:19  |  ホソアカクワガタ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT