FC2ブログ
2017年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2017'12.29 (Fri)

ディディエール 割り出し



久々のディディエールです。WF1同腹をペアリングさせ4♀セットし、3セット割り出しましたが2セットはボウズ。1セットは幼虫14の卵20とまぁまぁでした。

2セットは恐らく上手く交尾出来なかったか♀の成熟がイマイチだったかどちらかだと思われます(^_^;)

現在78mmの♂君と同居させ順次再セットを組んで行きます。
22:59  |  Rhaetulus & Hexarthrius  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.24 (Sun)

パープル系ライン 割り出し


幼虫大量


卵も大量(^^)



種親パープル♂CBF4×パープル♀CBF4のパープル血統CBF5です。

2♀割り出しての結果ですが60頭前後はいるかと。

もう1♀待機しており本日セットに投入しました。

目指すは100頭超えです。


今季からラインが複数増えましたので血統管理が大変です(^_^;)
22:19  |  Lamprima  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.23 (Sat)

パスチュールホソアカ

♀達はエサを食べ始めてきて、漸く♂の羽化ラッシュが始まっております。

新成虫のグリーンの綺麗さは堪りませんね(^^)

今のところ羽化してきて最大サイズは48㍉とまだまだですが、今ホソアカに使用しているマットは全体的に相性が良い感じなので来季もメインに使っていきます。
幼虫飼育の際温度管理のミスで24度とかになってしまった時もあったので次世代はそこの改善がメインです。


産卵が少し難関で、取れるのは取れるのですが数が少ないです。
幼虫は比較的丈夫です。

コンスタントに流通しているインドネシア系のホソアカは一通りブリードしましたが
産卵に関してはクプレオニテンス、カナリクラトゥス、パスチュールが気難しいです。
特にクプレオニテンスは鬼門です。現在F2のブリードをしておりますが自信ゼロです(^_^;)
近縁種?のルニフェルホソアカはバッコリ産んでくれます。

幼虫は丈夫なんですがね。

22:12  |  Cyclommatus  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.21 (Thu)

モーレンカンプオオカブト

久々のカブト増種です。


アリストさんから2ペア購入。

本当は午前中に届く予定が荷物がまだ郵便局に届いてなく午後になってしまうとのことで夕方引き取りに行きました(^_^;)
寒い中でしたが生体はピンピンしてます。やはりこの時期はゆうパックですね。



現在はゼリーにがっついてます。

明日ペアリングからのセットを予定しております(^^)
22:25  |  Beetle  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2017'12.19 (Tue)

デキピエンスノコギリ

ボトル上部に上がってきていた幼虫二頭を試しに測定してみました。





まだまだ白いのでこれからの成長に期待します。

どの位の体重でどの位のサイズになるか分からないのですが
知人は最終測定時16gの幼虫が60mm後半だったとの事なので
70mmを越すには20g以上必要でしょうか?

幼虫はあと40頭ほどいるので
交換時が楽しみです。
21:05  |  Prosopocoilus  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |  NEXT